外来看護師やパートに転向する手段も

独身時代とは違い、結婚後には出産などさまざまなライフイベントがあり、自分のために使える時間も限られてきてしまうものですよね。とは言え、これからも家事をこなしながら家庭と仕事を両立させて看護師として働き続けたいと思う人も多いでしょう。
ほとんどの病棟看護師はシフト制で勤務しているのでシフトの融通が効くようにはなっており、同じような境遇で看護師として働いている糸もいます。共感を持ちながらお互いにフォローし合えるので、病院でも家庭と両立させた働き方もできると言えます。

しかし、育て中で家族などが夜間に子どもの面倒を見られず夜勤が難しいといった場合、病院内で夜勤のない外来看護師に部署換えを希望するという働き方も選択肢の一つです。
規模の大きな病院であれば残業も少なく24時間体制の託児所を完備しているところもあります。そのようなサポート体制が整った病院を選ぶことで、安心して仕事ができるでしょう。

また、時間的制約がありフルタイムでの勤務ができないといった場合、看護師のパートという働き方もあります。
パートの場合、クリニックのほか介護施設や訪問看護ステーションでも看護師を多く募集しており、自分のライフスタイルに合わせて時間を選んで働くことができます。
その場合には病院での看護業務とは異なるためスキルアップやキャリアアップはあまり期待できませんが、利用者一人ひとりに寄り添った医療ケアができます。何よりも自分の時間で働けるので、仕事と家庭との両立がしやすいのがメリットと言えるでしょう。